薄毛の原因のホルモンバランス

薄毛とホルモンの関係

ホルモンバランスによる薄毛

薄毛の原因には、ホルモンバランスの乱れによる抜け毛があります。男性ホルモンの中にあるテストステロンにより髪の成長を阻害されるようになり、髪が早く抜けるようになります。さらに発毛も追いつかなくなることで、徐々に髪の毛が弱りだし、さらに抜け出し、薄毛となります。一般的に男性に多いですが、女性も加齢により分泌が抑制されるため、女性でも悩む人が増えています。最近では、若い女性でも悩んでいることが多いです。これらは、無理なダイエットや外食、偏食などにより十分な栄養が摂れずにバランスが崩れてしまうことが原因のケースが多いです。

男性の抜け毛とホルモンの関係

男性型脱毛症と呼ばれる薄毛の症状には男性ホルモンの働きが関係しています。そのため通常の育毛剤では原因に対しては何の効果も期待できません。そのため原因となる抜け毛を予防するために、ある男性ホルモンに影響を及ぼす飲み薬を使用する治療を行います。この薬はプロペシアと言い、成人男性にのみ使用することが可能である薬剤です。未成年者や女性にはリスクばかりですので使用することが出来ないという特徴があります。この様な薬剤は病院で処方をしてもらうことで入手することが可能です。薄毛に悩んでいるのであれば早めに相談してみるのが良いでしょう。

↑PAGE TOP