お子様の小児歯科デビュー

歯が生え始めたら

お勧めの小児歯科の探し方

乳歯が生え始めるのは普通は生後3か月から9か月と言われていますが、実際には個人差が大きく、歯が生えて来た時から歯磨きは必要で、前歯が生えそろう1歳半頃から歯科で虫歯予防や噛み合わせなどの指導を受けるのが理想です。小児専門の歯科の方が、小児の精神面から身体の事を勉強しているのでお勧めですが、基本的には虫歯予防も治療も大人と変わりませんので、どこでも対応してくれます。厚生労働省の認可を受けてる専門医制度も出来たので、インターネットで探して見るのも良いでしょう。

大人になっても、矯正できます

歯列矯正は、子どもの時にするものと、思っている人も多いようですが、実は大人になってからでも、充分に矯正できます。歯並びが悪いと見た目が良くないだけでなく、噛み合わせの悪さから、身体の他の部分の健康を害することに繋がることもあります。大人だからとあきらめず、やり方や程度によって、かかる期間や費用も変わってきますので、その点も確認しましょう。最近は、痛みの少ない方法が開発されたり、表面から見えないように装着する器具などもあるので、以前より楽に、しかも人に気づかれずに実施することができます。

↑PAGE TOP