ストレスや血行も薄毛の原因

薄毛と抜け毛の関係

薄毛になる抜け毛の原因

抜け毛が多いと頭部はどうしても薄毛になってしまいます。その抜け毛はストレスが原因のことが多く、そのことによって自律神経がコントロールできなくなって血管が収縮し、頭皮の血液の流れが悪くなり髪の毛を育てる毛乳頭に栄養がいかなくなったり、また男性ホルモンが過剰になって、皮脂が分泌されたりして抜けやすくなってしまいます。内蔵が不調になることで毛根へ栄養が行き渡らなくなることや、不眠やアドレナリンの過剰分泌も原因になります。薄毛を回避するには、体の血行をよくしたり、このような原因になるストレスを解消することが大切です。

ストレスによる抜け毛の促進

ストレスにより抜け毛が促進され、薄毛になることがあります。ストレスを溜め込むことで、自律神経のバランスが乱れやすくなります。その結果、血行不良や不眠症、内蔵不調、アドレナリンの過剰分泌などが起こります。血行不良になると髪の毛を発育させる毛母細胞にも栄養が十分に行き渡りにくくなり、毛が細くなります。内臓の働きが不調になると髪にとって必要な栄養素であるミネラルやタンパク質の合成や吸収が悪くなります。また、睡眠を摂ることで、昼に受けた髪のダメージを修復しますが、寝る時間が短くなることで、修復しきれなくなるため、薄毛が加速することになります。

↑PAGE TOP