頭皮の栄養と薄毛の関係

薄毛や抜け毛で不安

薄毛や抜け毛の原因と遺伝子

お風呂に入り髪の毛を洗うと髪の毛が抜けるので、抜け毛がひどくなり薄毛になってしまうと不安に感じている人も多いでしょう。自分の父親が髪の毛が薄いので、自分も父親の遺伝子を引き継いでいて髪の毛が薄くなると不安に思っている人も多くいます。薄毛の原因は日常生活の不摂生やストレスなどが原因とされており、遺伝子によるものではありません。現代社会では高ストレス社会であり、強いストレスを感じると、体全体の血流が悪くなってしまい、頭皮に栄養がいかないので、抜け毛の原因となってしまいます。そのため、ストレスを感じにくい生活を送ることが大切になります。

抜け毛対策をどうするか

頭髪の抜け毛で薄くになると、誰もが遺伝子だから仕方がないと考えます。しかし若いうちから対策を講じておくと、薄毛を防ぐ事も出来るのです。父親や祖父が頭髪の薄い場合は、自分に薄毛になる時期が来ることを想定して対策をします。20歳代からこまめに頭髪のシャンプーをして、育毛剤を念入りに付けるようにしましょう。育毛剤はいろいろ試験してみて、自分に最適で効果のあると思うものを使用するようにします。この様に若いうちから対策を講じておくと、抜け毛を遅らせたり防止できる効果があるのです。遺伝子だからと早々に諦める事無く、対策をしておく事が重要です。

↑PAGE TOP